展示・資料

1階

エントランス

琵琶湖疏水トンネルのアーチと水面の揺らぎをイメージした演出照明のほか、疏水沿線の名所を紹介するパネルを設置しています。

ガイダンスシアター

琵琶湖疏水建設にまつわる人々の情熱や苦難に満ちた歴史を分かりやすく映像化。沿線の美しい風景とともにご覧いただけます。

第1展示室音声ガイダンス

第3代京都府知事の北垣国道は、未来を見据え、京都を復興させるための一大プロジェクトとして琵琶湖疏水を計画しました。そして技師の南一郎平や田邉朔郎らによって、琵琶湖疏水は実現に向かっていくことになります。第1展示室では、琵琶湖疏水がどのように計画、建設されたかについて紹介しています。

精密な測量図面など貴重な資料を展示。

プロジェクションマッピングで疏水工事の行程や規模を実感。

B1階

第2展示室音声ガイダンス

明治23(1890)年に完成した第1疏水は、水力発電や舟運など、様々な役割を果たしました。また、明治45(1912)年の京都市三大事業の完成によって、京都は近代都市へと生まれ変わりました。第2展示室では、京都の人びとが琵琶湖疏水を使ってどのように街を発展させたのかを紹介しています。

1大正4(1915)年ごろの岡崎周辺の様子を再現した模型。

2琵琶湖疏水の計画を実現するために尽力した人物たちを紹介。

第3展示室音声ガイダンス

時代とともに琵琶湖疏水の果たす役割は大きく変化します。鉄道や自動車の発達により舟運が途絶え、人口の増加で田畑が宅地に変わり、水車小屋も姿を消しました。しかし、琵琶湖疏水は今も水道の原水を運ぶほか、水力発電などに使用され、京都市民の生活を支えています。激動の時代から現在、そして未来へと続く疏水の流れを確かめましょう。

2階

2階では特別展を開催し、常設展示されていない資料を特別公開します。

屋外(1階及びB1階)

1階屋外には、御所水道45°鉄管、B1階屋外には、琵琶湖疏水を活用した水力発電に使われたペルトン式水車とスタンレー式発電機等を展示しています。

資料閲覧・借用申請について

琵琶湖疏水記念館では、所蔵資料の閲覧を受け付けています。また、一部資料については、画像データ等の貸出も行っています(※要事前申請)。
ご希望の方は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先 : 京都市上下水道局総務部総務課 広報担当

TEL 075-672-7810 FAX 075-682-2711

お問い合わせ

刊行物・オリジナルグッズなど

  • 琵琶湖疏水の100年

    平成2(1990)年の琵琶湖疏水竣工100周年を記念し、同年に発行した3分冊構成の書籍で、疏水をめぐる京都のあゆみを記しています。

    定価:38,445円(税込)

  • 京都市水道百年史 資料編・叙述編

    平成24(2012)年の京都都市水道創設100周年を記念し刊行した書籍で、各時代を象徴する資料や写真を幅広く採録、今につながる100年のあゆみを具体的に御覧いただけます。

    定価:4,400円(資料編)(税込)

    定価:2,200円(叙述編)(税込)

  • 常設展示図録

    開館30周年リニューアルにおいて、皆さまが楽しみながら学んでいただけるよう、展示内容を刷新したことから、新たな常設展示の図録を刊行しました。展示とともに本図録をご覧いただきながら、琵琶湖疏水への理解をより深めていただければ幸いです。

    定価:500円(税込)

  • 絵はがき(3種類)

    「『従滋賀県近江国琵琶湖至京都通水路目論見実測図』京都府租税課地理掛 島田道生」、「第二蹴上発電所内部『京都市三大事業(出典)』」、「旧御所水道ポンプ室とびわこ疏水船『れいわ号』」の絵はがきです。

    定価:各100円(税込)

  • クリアファイル

    水路閣と紅葉の写真をデザインしたクリアファイルです。水路閣は、田邉朔郎が南禅寺境内の景観に配慮し、設計・デザインを行いました。紅葉の名所としても知られています。

    定価:200円(税込)

  • ミニタオル(2種類)

    左は、疏水工事で使用した煉瓦の表面に刻まれた「疏」の文字を、右は、琵琶湖疏水にまつわる施設である水路閣と蹴上発電所をデザインしました。上質な肌触りの生地を使用しています。

    定価:各300円(税込)

  • エコバッグ

    琵琶湖疏水建設工事の様子をデザインしたエコバックです。当時は、土木工事用の重機など無く、作業はほとんど人力で行われました。マジックテープで小さくまとめることができ、持ち運びに便利です。

    定価:600円(税込)

  • 京扇子

    石田有年が描いた「京都大津間疏水線路之図 并二京都大津近キ辺リ名所」をデザインした扇子です。明治25年に出版された琵琶湖疏水近辺の観光地図が描かれています。扇ぐと上品な香りがします。

    定価:2,000円(税込)

  • 京のかがやき 疏水物語

    京都市の水道水を、災害用備蓄飲料水として缶詰にしました。 製造後、常温未開封で10年間保存が可能です。

    定価:100円(1本)(税込)